梅毒 検査

梅毒になる人が急増中!

 

梅毒が20代の女性を中心に増加しているそうです。なんと42年ぶりに4千件を超えてしまったというのです。梅毒は性感染症のひとつであり、抗生物質の発見と共に減少傾向にありました。しかし最近また急増しているそうです。

 

梅毒は性器同士の接触だけでなく、アナルセックスやオーラルセックスでも感染します。感染力がとても強いことのほかに、異変に気づいても病院に行くのをためらう人が多いことも原因でしょう。

 

梅毒になると全身に発疹が出たりリンパ節が腫れたりします。進行するとやがて内臓が壊死したりして死に至ります。昔は不治の病といわれて恐れられています。妊婦が感染している場合、流産の危険があります。

 

梅毒は男性だけでなく、むしろ女性の方が急増しているようです。初期症状が殆どなく痛みもかゆみも感じないので、知らない間に誰かにうつしている可能性が高いです。妊婦健診で梅毒が見つかることも増えてきているようで、子の流行は危機的とも言えます。

 

確実とは言えないけれど、コンドームを使うことで予防につながります。セーラームーンのコンドームが販売されるなど、コンドームの使用を呼びかける声が高まっています。

 

一番の予防は、関心を持つことだそうです。風俗に関係のない人でも、梅毒に関する知識をしっかりと持つことが大切です。体の異変に気づいたら、検査を受けてみてください。検査は匿名で受けられるし、抗生物質で治る病気ですのでためらわずに行ってみましょう。

 

梅毒の原因は?

 

梅毒という性感染症が急増しているそうです。正しい知識を身に付けて予防につとめましょう。

 

「梅毒について」
性感染症の一つで、昔は不治の病とされて恐れられていました。その感染者の90%が発展途上国の人だと言われています。ペニシリンが発見されてからは、治療法も確立されたので次第に患者数が減ってきました。しかし最近また増えてきています。性行為が感染経路となるケースがほとんどですが、中にには母子感染もあります。

 

症状は4つの段階を経るのが特徴です。3週間、3か月、3年、末期という区分になっていて、症状が現れるごとに悪化していきます。HIVにもかかりやすくなります。コンドームを使わない性行為や、売春、異性同士の性行為などによって感染が拡大されているようです。現在では、梅毒は治る病気です。異変に気づいたら検査を受け、薬の服用で治ります。

 

「症状について」
梅毒の症状について説明します。梅毒には4つの段階があるとお話しました。第1期(3週間)には、しこりが出てきます、。コリコリした感じで、足の付け根が腫れたりします。これには痛みも痒みもないそうです。これは初期硬結と呼んでいます。そして、それはどんどん硬くなり、その中心が潰瘍となります。痛みがないので気づかない場合が多いでしょう。そしてこれは、自然に消えてしまったりします。
第二期(3週間)になると、全身が細菌だらけになります。すると赤い発疹が出たり発熱の症状が現れます。
第三期(3年後)には、皮膚の下にしこりが出てきます。現在では、ここまで進行する患者は殆どいません。
第四期(末期)の症状まで行く人はほとんどいません。もしなってしまうと、脳が侵され、内臓もボロボロになり死に至ります。

 

梅毒の感染経路

 

性感染症の一つである梅毒は、昔は治らない病気だという事で恐れられていました。しかし抗生物質やペニシリンにより、今では治る病気となっています。早期発見、早期治療も大切ですが、うつらないように注意することが最も大切なのです。

 

梅毒患者は急増しているといいます。ものすごい早さで感染をするので、コロンブスがアメリカからヨーロッパに持ち帰った後、あっという間に世界中に広がりました。元々は、アメリカの風土病だったそうです。ペニシリンが使われるようになったり、治療方法も確かなものとなったので、2003年には梅毒患者は減少していました。ところが2013年からまた増加してきているのです。性行為によって感染することが多く、若い世代で急増しています。

 

性器同士の接触で感染するので、一人が治療したとしてもパートナーがそのままではまた移ってしまいます。このような感染をピンポン感染といいます。性感染症が見つかったら、パートナーも一緒に治療をすることが基本です。女性が感染した場合、母子関心の危険が考えられます。母子感染による流産や早産もあります。そして先天梅毒や成長過程での障害も起こる危険があります。母乳による感染も絶対に無いとは言いきれないそうです。

 

男性間の性交渉ではどうかというと、2013年の報告ですと1228件の450件は同性間の接触だったそうです。男性だけでなく女性にも増加傾向が見られる原因に、バイセクシュアルも関係しているのかも知れません。

 

梅毒の初期症状

 

梅毒という性感染症はよく知られている名前ですね。その症状について詳しく知ってる人は少ないのではないでしょうか。今回は、梅毒の症状について説明していきます。

 

最近、梅毒の患者が増加傾向にあります。そのため自分には関係ないという事は言えなくなってきいています。梅毒に感染すると大きく分けて4つの時期をむかえます。1、2期は早期梅毒、3,4期は晩期梅毒と呼ばれています。そして、晩期梅毒は、ペニシリンという抗生物質を使うことで治すことが出来るようになってからは見られなくなりました。はやめに治療をすることできちんと治る病気なのです。

 

梅毒の初期症状についてお話します。梅毒には潜伏期間があり、それは3〜4週間だそうです。そのあと初期症状が現れてきます。それは小さなしこりでコリコリしています。しこりが出来ても2週間過ぎると消えていきます。潰瘍として残る場合もあり、それを硬性下疳(こうせいげかん)と呼んでいます。これは硬く盛り上がりますが、痛くもかゆくもないのが特徴です。出来やすい場所は唇や陰茎、大陰唇、肛門、足の付け根、口の中などです。またリンパが貼れる場合もあるのですが、これも痛くないそうです。ただ腫れているだけという感じです。太ももに出来る場合もあります。このしこりも3週間くらいで消えてしまいます。初期症状の特徴は、出来たしこりに痛みやかゆみはなく、消えてしまうというものです。

 

 

梅毒患者とHIV感染率

 

梅毒とHIVには関係がるのでしょうか。梅毒に感染しているとHIVに感染しやすいという話がありますが、これは本当でしょうか。そしてまた梅毒を治した後もHIVに感染しやすいままなのでしょうか。

 

私が読んだたくさんの本の中には、梅毒やクラミジアなどに感染している場合、HIVの感染率も高くなると書かれていました。ネット検索してみても、たくさんのサイトで同じような事を言っています。それでは梅毒とHIVの感染についてお話していきましょう。HIVの感染確率が高くなるのはなぜかのか、それについて詳しく書いてあるサイトは少ないです。保健所や自治体のホームページを見ても、梅毒やクラミジアなどの性感染症患者は、HIVにも感染しやすい、と書かれています。しかしそれは何故なのかということについて、書かれていないホームページばかりでした。

 

梅毒感染したが完治している人は、どうなのでしょうか。一生HIVに感染しやすい状態が続くのでしょうか。とても不安になりますよね。理由が書かれているサイトは数少ないのですが、このようなことが書かれていました。「性感染症にかかると粘膜が炎症をおこす。抵抗力も落ちているので病気にかかりやすい」とのことです。このため健康な人の3〜5倍の確率で感染するというのですから、かなり高い確率ですね。

 

ということは梅毒が完治してしまえば粘膜の炎症もなくなるわけですから、抵抗力も元に戻り感染しやすい状態ではなくなるということです。

 

梅毒の検査方法

 

梅毒という性感染症があるのですが、昔は梅毒と聞けば不治の病と恐れられていました。しかし今は違います。早く発見して治療を始めれば、ちゃんと治るのです。

 

梅毒の検査方法についてご紹介しましょう。梅毒というのは、性行為などによってトレポレーマ・パリダム(T.p.)に感染するとなる病気です。梅毒かどうかの検査方法は、直接菌を探す方法と血液検査の2つがります。直接探す方法は、初期の硬結などの病変部から取りだした液を使って、顕微鏡でT.p.があるかどうかを探すものです。抗原と血清によって検査する方法もあります。これは、治療を進めていく間にも確認の意味での検査として使ったりもします。そして、T.p.抗原を使って調べる方法もありますが、これは治療状態の確認には向いていません。

 

気になる検査費はどれくらいなのでしょうか。診察を受けると、診察費や検査費、薬代に処方料など、いろいろなものがかかってきます。そして保健適用の場合は3割を負担します。性感染症には、保険がきかないものもあります。診察した時に何か症状が出ていれば、保険がききます。しかし、不安解消のための検査で何も発見されてなければ、全額負担いなくてはいけません。病院によって金額が違ってきますので、電話などで確認してみると良いでしょう。

 

診察を受ける時には、皮膚科や泌尿器科、婦人科に行くと良いです。何か気になる症状があったら、病院に行くことをおすすめします。検査は感染から6週間経過してからが良いでしょう。

 

梅毒の検査キット

 

梅毒に感染しているんじゃないかと、一人でモヤモヤしている人も多いかと思います。梅毒は性病であることもあり、人に相談しにくいですよね。また同じ理由で病院に検査に行くのをためらる人もいます。そんな時におすすめなのが検査キットです。検査を受けるタイミングなどについてご紹介していきます。

 

昔は梅毒の治療方法がなかったので不治の病とされていました。しかし抗生物質の発見により治る病気となりました。そのため、患者数が減ってきたのです。しかし近年また梅毒患者が急増しているということが分かっています。他人事とは思わず自分もいつ感染してもおかしくないといった気持ちでいましょう。

 

梅毒の初期症状は、性器などにしこりが現れるのが特徴です。足の付け根にもしこりが出来たりしますが、痛みやかゆみがないため、また自然に消滅するために気づかない人が殆どです。治ったと思って放置していると、体の中でどんどん進行して、4つの段階を経て死に至る恐ろしい病気です。またHIVにも感染しやすくなるそうですので、不安があったら検査をするようにおすすめします。

 

性病の検査を受けるなんて恥ずかしいと思っている人には検査キットをおすすめします。これはインターネット上で済ませられる検査なので、自宅で気軽に検査が出来ます。これを利用すれば知らない間に誰かに移してしまうというリスクを避けられます。検査の手順は、まず検査キットを注文します。届いたら自宅で検査をして、郵送で送り返します。あとは結果を待つだけです。